中野十中同窓会常任幹事会からのお知らせ   
2009327

常任幹事会の報告 310中野十中ガイダンスルームで常任幹事他15名の参加で開催。

      新入生数が大幅に増えます!

Ø         原校長先生から、来年度新入生予定は昨年の36名から大幅に増加し、男女バランスもよくなりそうだとの、嬉しいご報告がありました。3年前は、新入生が18名の寂しさでしたが、原校長先生はじめ先生方の努力が実り、入学生が約3倍になるようです。

      母校の状況について、原先生から説明を受けました

Ø         外部の人による授業評価は大いに高い評価をえました。

Ø         十中は生徒を細かく指導してくれるとの評価が地域でも高まっています。

Ø         在校生のボランティア活動への参加率も高く、中野区内でもトップレベルです。

Ø         卒業生の進路は全員無事に決まり、都立高校への入学数も予想を大きく上回る9名に達しました。

      中野区内の公立小、中学校再編計画につき説明を受けました

Ø         再編計画は全ての学校を適正規模にする、原則として校舎の建て替えをしないという考えで、H1731年の15ヶ年で再編する計画で、現在は前期の再編計画が進行中。H20年4月に6中と11中、H21年には1中と富士見中が統合される。H20年には中期後期の計画が示される予定だったが、前期の検証や小中一貫校の提起などもあり計画の提示が遅れている。前期の一環で9中と中央中の統合がH24年に行われる結果、十中の学区域が拡大されるので、生徒数への影響なども見たいという意見もある。また南部地域の学校が少なくなってしまうという意見もある。再編計画自体を見直すべきとの考え方もあるようだ。

Ø         再編後の同窓会のありかたは、統合前のまま別個の同窓会とする形態もあり、同窓会も合体する形態もある。後者の場合、会則や会費など同窓会間の調整問題が発生する。

★ 同窓会の活動から

Ø         21年度の協賛金を募集したところ、3月初旬現在で、75名の卒業生から、15万円余りの協賛金が寄せられています。

Ø         卒業式(3/19 宝仙学園講堂)、入学式(4/7 ハーモニーホール)に同窓会として出席します。

Ø         ホームページの管理運営体制の変更及びHPの内容を改編する準備が進み始めています。

Ø         原校長先生の提案もあり、55周年記念行事への声が高まっています。同窓会として対応を検討するため、47()、十中で6時半から、正・副会長と監査役などで会合を持ちます。

常任幹事会の報告 119中野十中ガイダンスルームで常任幹事他12名の参加で開催。

      十中の文化発表会・展示の部門のお知らせ

Ø         原校長先生から、2月11日に文化発表会・展示部門を公開するので、是非おいで下さいとのことでした。

Ø         高校入試が始まっている。生徒の校長面接2回目を実施。

Ø         卒業式、入学式とも本校体育館が耐震工事中のため、宝仙ホール、ハーモニーホールで行う。

      十中同窓会HPの検討と21年度協賛のお願い

Ø         同窓会HPのあり方を検討するため、2月3日HP委員会を開催する。

Ø         20年度に同窓会への協賛いただいた卒業生に対して21年度も引き続き協賛していただくよう、依頼文書を発送した。

    次回常任幹事会のお知らせ 
常任幹事以外の方もどうぞ参加して下さい
日 時 : 12(火)午後30分~時00分

会 場 : 中野十中 ガイダンスルーム 

テーマ : (1) 同窓会・HPへの協賛募金について

      (2) ホームページの維持管理体制について

      (3) 2008H18)年度会計報告

      (4) 幹事会の開催、役員人選について

      (5) 55周年行事について